トレチノインクリームとはどんな薬?

トレチノインクリームの主成分である「トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)」はビタミンA(レチノール)の誘導体です。

誘導体とは塗り薬や化粧品の有効成分を目的の場所まで文字通り「誘導」してくれる物質のことになります。

体内での活性度はビタミンA単体で摂取した時の50〜100倍となり、ビタミンAの体内活性を促す主成分になります。

トレチノイン酸は体内でもごく微量ながら合成される物質です。

今回紹介する「トレチノインクリーム」はニキビやシワといった肌トラブルの治療薬(アンチエインジング処方薬)としてアメリカのFDAではすでに認可されている薬ですが、日本では皮膚の若返り(アンチエインジング)を目的とした保健医療の給付(保険証を使って治療を受けること)は認められていないので、トレチノインクリームに関しては取り扱えないことになります。

ただし、自家調剤でトレチノイン酸を調合した外用薬というのは処方できることになっていますが、原則としてかかる治療費は全額自己負担となります。

また後ほどこの薬の副作用については詳しく説明していきますが、実はこの成分は刺激が強くかぶれを起こしやすいというデメリットがあります。

トレチノインとビタミンA

近年美肌、美白に効果があるということで美容業界で大いに注目を集めている成分が「レチノール」ですが、このレチノールはビタミンAの一種になります。

トレチノインはこのビタミンAを誘導するために物質でビタミンAは体内に取り込まれた後トレチノインのような誘導体に導かれて適所へと運ばれていくのです。

では、次にビタミンA(レチノール)がどのようにして美白効果を発揮するのかについて見ていきましょう。

肌は表面の角質層のしたいに表皮層、さらにその下に真皮層という3層構造になっています。

肌の奥にできたシミは主に表皮層にできるため有効成分が届きにくく、対策は困難な状態でした。

トレチノインは表皮のターンオーバー(古い細胞が新しい細胞に押し出されて入れ替わること)を活性化させるところにあります。

この時に作用するのがビタミンA(レチノール)になります。

トレチノイン以外のビタミンA誘導体も同様の効果を持ちますが、トレチノインは最もこの効果が高いとされています。

ちなみに市販のレチノール配合の化粧品にはトレチノイン以外のビタミンA誘導体が含まれていることが多いのですが、そうした製品群とトレチノイン配合のものを比較してみると、ビタミンAの生理活性比率はおよそ100倍もの差が生じると言われています。

美白効果について

トレチノインの特筆すべき効果は代謝しづらい肌細胞の奥にできたシミを排泄させることにあります。

これはターンオーバーを活性化させるという作用によるものです。

またターンオーバーを活性化させることで肌全体を生まれ変わらせ、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分の合成も促してくれます。

まさに肌の若返り(アンチエイジング)のための成分といっても良いでしょう。

シミを除去する効果の高さは折り紙つきですが、シワや肌のハリ、キメの細やかさをもたらす効果も期待できます。

アメリカではトレチノインクリームがニキビ治療の現場にも導入されています。

ハイドロキノンとの併用でさらに効果アップ

すでに欧米ではシワやニキビの治療薬として承認されているトレチノインクリームですが、トレチノインと併用される成分に「ハイドロキノン」があります。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれトレチノインとはまた違うベクトルの美肌効果を持つ成分です。

どのように違うのかといえば

  • トレチノイン:できてしまったシミをいち早く代謝する
  • ハイドロキノン:シミの原因に作用する

となります。

つまりトレチノインは現在認められるシミを速やかに除去する作用に優れているのに対し、ハイドロキノンはシミそのものをできにくくする作用が高いということになります。

このため美容外科や皮膚科などではトレチノインとハイドロキノンの併用が望ましいとされています。

トレチノインは医師の処方箋を元に調剤薬局か個人輸入で入手するルートになりますが、ハイドロキノンは美白用化粧品などに含まれている成分ですので日本でも薬局等で購入可能です。

ダウンタイムについて

ダウンタイムとは“施術してから日常生活を送ることができるようになるための回復期”を意味する言葉です。

例えば目をパッチリと大きく見せるための手術を行ったとすると、施術直後は施術部の腫れや目の充血、または創部の出血などがあり、この状態では感染症などのリスクもあるためしばらくの間は安静加療が必要となります。

また傷がふさがっても、完全に日常生活に戻ることができるようになるまでにはもうしばらくの時間がかかりますが、この日常生活に復帰するまでの時間を「ダウンタイム」と呼んでいます。

トレチノインクリームによるスキンケアの場合は特に外科処置を施す訳ではありませんが、薬効成分の作用によるダウンタイムが生じます。

ダウンタイム時に起こる症状として最も多いのは「炎症状態」です。

アトピー性皮膚炎や日焼け後に皮がめくれるような強めの症状が出てくるという特徴があります。

この「炎症状態」はトレチノイン酸の濃度が高いほど顕著に現れてくるので使用する際は必ず皮膚科の指導の元で使うようにしてください。

*ダウンタイムでは日焼け後の肌のようにポロポロと剥がれることがありますが、この時は無理に剥がそうとしないで自然と剥離するのを待ちましょう。

東大式とオバジ法

トレチノインクリームを用いたスキンケア方法として日本で有名なのは「東大式」と「オバジ法」と呼ばれる方法です。

どちらも

  • トレチノインクリームとハイドロキノンを併用する
  • ダウンタイムに気をつけながら行う

という共通点がありますが、オバジ法の場合は専用のスキンケアコスメも一緒に使います。

ただし、オバジ法で使われる化粧品は高額となります。

一方の東大式の場合はスキンケアコスメに関しては自分の肌質に合うものを自由に選んでも構いませんが以下の点に注意して化粧品選びを行うようにしてください。

  • 基礎化粧品やメイク用コスメは敏感肌用のもの
  • 日焼け止めは紫外線吸収剤を含まないもの

など「低刺激性」のコスメを選ぶようにします。

一般的にオバジ法の方がよりダウンタイムの影響は少ないと言われていますが、コストの面では高くつきがちなので皮膚科医師とよく相談の上で決めるようにしてください。

なお、ダウンタイムについては「症状が出る」という前提になります。

したがって、症状が現れたらすぐに皮膚科に相談するのはもちろんですが、万が一ダウンタイムの症状が現れない場合は「トレチノイン酸に反応しない(抵抗性)肌質という可能性があるので、濃度を変えるか他の治療に切り替えるなどの措置が必要」となります。

トレチノインクリームの入手方法と副作用について

上記のようにトレチノインクリームはダウンタイムの症状が強くでるため、必ず皮膚科のカウンセリングの元で使用するようにします。

この時の症状の出方によってトレチノインの濃度を変えたり、使用を中止するか間隔をあけて様子を見ながら治療を継続する必要性があります。

したがって保険診療の適用は受けていませんが、医師の指導の元でその医療機関で自家調剤したトレチノインクリームを使うか、個人輸入代行業者を通じて医師が購入しても良いと判断した製品を購入するようにしてください。

現在ネットで未承認薬を取り扱っているサイトは個人輸入代行業者が運営しています。

運営サイドが信頼できる業者であれば、普通に通販を利用する感覚で個人輸入で入手することができます。

そのためにも現地ブローカーの情報や安全性への取り組み、個人輸入を利用して薬を入手するまでの流れ、サイトのレビューなどをしっかりと確認するようにしてください。

また、トレチノインクリームはアメリカでは医薬品として承認されているので副作用のリスクが伴います。

ダウンタイム症状はもちろんですがその他の症状が出てきた場合には皮膚科にすぐに相談してその後の指示に従うようにしてください。